ハーメルン
竜と龍の血を継ぎし者~英雄と狩人の証~  モンスターハンター×僕のヒーローアカデミア
作者:天野 星屑

モンスター。それは大自然にただ生きるものたち。
ハンター。大自然そのものであるモンスターと戦い、人々を守る存在。

その身に、異なる世界の生物、モンスターの人格と力を宿した少年、百龍呼人。彼は人格を獲得したモンスターたちに導かれ、成長しながら、かつてモンスター達と敵対した、『ハンター』と呼ばれる人間たちの心を追い求める。

彼らは何故強大な自分たちへ命を賭して立ち向かったのか。何故、自らの命を他者のために捨てたのか。何故、立ち向かうにも関わらず自分たちと手を取ろうとしたのか。
人格を持ったと言っても、モンスターはモンスター。だから、人間の心の全てはわからない。少年はそれを知るために、ヒーローという職業の門をたたく。


*本作は、ヒロアカの世界で個性らしきものとして『モンスターになる力とモンスター各種を擬人化した人格』を持った少年が、雄英高校で活動する物語です。
主人公の動機は作内でも書きますが、ヒーローへの憧憬でも、ヒーローになりたいからでもありません。むろんヒーローは目指してはいますが、緑谷みたいな強烈なあこがれは無いです。

本作は作者のヒーローとハンターの違いに関する疑問を内容として含みます。


主人公の宿したモンスターは基本的にゲームに登場する全種、ですが、力の扱いが困難という関係上禁忌だったり特別な古龍、またフロンティア系の一部なんかはほとんどでてきません。ただし人格は会話の相手としてでてきたりします。
主人公はモンスター達とのイメージ交換(言語を用いた会話ではなくイメージの交換)の中で、モンハンの世界を深く知っており、また人間的にも年齢相応以上に成熟しています。

後作者はモンハン狂ではありますがヒロアカの読み込みは足りずまた最新話まで読んでいるわけではないので、変な所あったら教えて下さい。

最後に
*この作品については、一切の二次創作の二次創作(三次創作)を許可します。他サイトへの転載は、ハーメルンが許可していることを確認した上で、転載先のサイトも許可している場合にのみ許可します。
全文丸パクリの転載をハーメルン内で行うことは許可できませんが、作者の展開やセリフの言い回しが気に入らないときにはご自由に随意の場所だけ書き換えるなどして投稿して構いません。その場合の他の部分の一致は許可します。

三次創作を行う場合には、原作者の許可を得ている旨をあらすじに明記するように気をつけてください。
~目次~

◇第1話 モンスターを宿す少年
◇第2話 入学試験

[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析