ハーメルン
もしもゼオンが魔界でガッシュと会っていたら
作者:ちゃんどらー

ゼオンがもしも魔界でガッシュに出会っていたらどうなっていたか、という妄想を書いて行こうと思います。
不定期更新になると思います。

pixivでも横書き観賞用に同時投稿致します。
~目次~

[1]次 最初 最後
◇第一話:一方的な出会い
◇第二話:描く未来
◇第三話:赤色の旅立ち
◇第四話:温もりをキミにも
◇第五話:探す景色、探す答え
◇第六話:誰が為の雷
◇第七話:絶望の夜明け
◇第八話:王佐
◇第九話:黒との邂逅
◇第十話:その拳に何想う
◇第十一話:一人で、二人で
◇第十二話:受ける想い
◇第十三話:互いに一歩進んで
◇第十四話:青空の下のお茶会
◇第十五話:言いたくないこと、聞きたかったこと
◇第十六話:迷いと決意
◇第十七話:兄が想うは
◇第十八話:彼にとって初めての……
◇第十九話:秋に出会う空色
◇第二十話:小さくとも、幼くとも(前)

[1]次 最初 最後
[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析