ハーメルン
魔法科高校の劣等生〜魔法世界に這い寄りし過負荷〜
作者:味噌漬け

球磨川禊…皆さんはご存知だろうか?
めだかボックスという作品に登場した最低最悪最恐の普通の過負荷である。
この物語は、とある悪平等な人外によってタイムスリップされた彼が発展した魔法の世界を生きる物語だ。

※作者はにわかです。それでも良ければどうぞ。
 魔法科高校はアニメしか観ていません。そのため、設定など抜けた部分があるかもしれませんので、もしあったらご指摘いただけると幸いです。
~目次~

[1]次 最初 最後
◇プロローグ『僕は悪くない』
出会い編
◇第一話 悪平等(ノットイコール)との再会
◇第二話 タイムスリップ
◇第三話 愚かで弱い子のために…
◇第四話 少女との出会い
◇第五話 未来人達との邂逅
入学編
◇第六話 入学式
◇第七話 劣等生(プラス)劣等生(マイナス)
◇第八話 『それでいいんだよ』
◇第九話 生徒会長 七草真由美
◇第十話 過負荷(マイナス)への警戒
◇第十一話 体育館の事件
◇第十二話 少女は苦悩する
◇第十三話 『抹殺すれば良いんだよ』
◇第十四話 少女は思い知る
◇第十五話 テロリスト達の強襲
◇第十六話 さぁ…共に堕ちよう…
◇第十七話 混沌よりも這い寄る過負荷(マイナス)
◇第十八話 『また勝てなかった』
◇第十九話 少女の後悔

[1]次 最初 最後
[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析