ハーメルン
だからアタシは鬼じゃねぇっつってんだろうが!?
作者:七日 八月

 ――雪のように白い肌。
 そこに浮かぶ刺青のような黒い模様。
 緋色と山吹色の虹彩異色の瞳。
 額から生える一本の黒い角。
 彼女の名は『セキレイ』。


 彼女は、人を喰らう鬼……






 ……などではなく、オラクル船団のアークスに所属するデューマンである。



 クラス・ブレイバー、カタナを携えたアークスが、悪鬼が跳梁跋扈する大正の世を征く!

「だからアタシは鬼じゃねぇっつってんだろうが!?」

 ……なお、その見た目のせいで鬼殺隊の鬼狩りに散々追い掛け回される模様。
~目次~

◇鬼を狩る鬼? いいえ、デューマンです。
◇アタシの生き方、アタシの生き様。

[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析