ハーメルン
遺言「ブラック鎮守府立て直しならず…」
作者:蒙古襲来

前任が失踪した鎮守府に着任した主人公 豪 茂浦(ごう もうら)。
 
前任の失踪には謎も多く、予想通り着任した鎮守府はいわゆるブラック鎮守府であった(彼にとって)。
 
このブラ鎮を立て直したい、そう決意する主人公だったが…果たして彼の明日はどっちだ。
 
結末は…タイトル通りです。
 
*オリジナル設定あり。今後ガールズラブ展開多め。メタ発言あり。
~目次~

◇1

[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析