ハーメルン
それでも俺は、冥王様を助けたい。
作者:歌詠

 『もしも、善意で作った道が、地獄の方へと続いていたら。』

 聖闘士と冥闘士がどんぱち戦う東京に放り込まれてしまった俺こと九十九零(つくもれい)は、逃げ込んだ先で、漫画のラスボスとして見覚えのある男と会遇してしまう。

 誰もが一度は思い描く理想に手を伸ばそうとした神々と、それ故に起きた理不尽な戦乱に場違いに首を突っ込むことになった主人公の、誇りと維持を貫くための戦いが、今始まる──。
~目次~

◇第1話 灰色の都市にて眠る王
◇第2話 小さな女神
◇第3話 言葉を交わせども
◇第4話 空のした山のうえ
◇第5話 空のなか海のそこ

[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析