ハーメルン
息抜きに作中の異世界(VR)に入る、そして
作者:haru970

息抜きに書いた作品です。
一発ネタと言うかこの間プロットのファイルを見つけてずっと思っていたので『ネタを書いてスッキリする処置』を行いました。





『村上一男』(ムラカミカズオ)はしがない〇〇代のプログラマー。 

かつてはゲームプログラマーを目指していたが、今はブラックに近い会社で上司の雑なプログラミングの尻拭いをする、『なるようになれ』な日々を送っていた。

そんなこき使われる彼に『クライアントのサーバー調子おかしいから見てきて(笑)』と言われ、サーバーの中身を見るとかつて彼が開発していたゲームのデータが……

しかもサーバーはかなりの時間、起動して動いていたことに彼は興味本位で中へと入ると────?
~目次~

◇真夏のサーバールーム
◇メ○パ二状態は物理攻撃では解除できない
◇お子様ランチ……の旗

[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析