ハーメルン
斬壺(きりつぼ)
作者:木下望太郎

 秘太刀“斬壺(きりつぼ)”。
 その技を以て、老剣客はかつて岩を斬り、壺を斬った――割ることも砕くこともなく、真二つに――。
 ただしそれができたのは、若き日のたった二度だけ。

 そして今。辛苦の末に流派を継いだ彼が対峙するのは、剣才そのもののような少年。それはまるで、老剣客の積み上げたもの全てを嘲笑うかのような存在。

 もし、奴を斬ることができる技があるなら――それは一つ、“斬壺”。

 凡人対天才。
 今、その戦いが始まり、そして終わる――。


~目次~

◇第1話
◇第2話
◇第3話
◇第4話
◇第5話
◇最終話

[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析