ハーメルン
「超光速の粒子に乗せて」
作者:あび@ウマ娘

・ウマ娘のアグネスタキオンの二次創作です。タキオンとトレーナー君の3年間の話。アプリのシナリオでもしもタキオンがもう少し早い段階でトレーナー君にプランAとBのことを話してくれていたらどうだっただろう?というifで書きました。なのでシナリオとは全然違うので、そういうの大丈夫な方のみお願いします!
・タキ+モルという感じがします(タキモルやモルタキよりも)。トレーナー君の性別は迷ったのですが、どちらでもいいなと思ってどちらにもとれるように書きました(たぶん)。なのでお好きなように読んでくださればと思います。オリトレではない気がします。
・(史実に基づいた)タキオン故障の描写があります。というか一部そのifで書いているので大丈夫な方のみお願いします(「残酷な描写」ではないと思います)。
・読み切り中編、文庫本換算約57ページ。
・SF風味。例の超光速の粒子のこと
・オマージュ多め
・タキオンはじめ、ウマ娘の子たちはみんな強くてかっこよくてかわいくてサイコー!という気持ち
【pixiv】https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=16340833
~目次~

◇「超光速の粒子に乗せて」

[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析