ハーメルン
ライザのアトリエ~たった一つの魔法の言葉~
作者:自給自足すらできなかった敗北者

―――これは少年少女の出会いと別れ、成長を描いた物語…それに加わる一人の青少年の物語でもある―――




1/28追記
~拙いですが、モチベーション維持の為に挿絵を描きましたのでよかったら見てやってください~

レシピ1―――爆粉うに より『ハチミツを頬張るライザ』
【挿絵表示】




ライザのアトリエにハマって二次を探すも圧倒的に作品が無く絶望して、自給自足しようにも文才の無さに絶望した敗北者の最後のあがき―――そうだ、作者が先駆者(踏み台)となり、ライザ二次を書いて、なんとか他人のインスピレーションを刺激して、他人に書いてもらおう―――

お願いしますライザ二次増えてくださいなんでも(ry
~目次~

[1]次 最初 最後
序幕
◇序幕
第一幕 「向こう」への予感
◇初戦闘
◇新たなる出会い
◇真打は遅れてやって来るもの
◇葛藤と決意
第二幕 まずは一歩の始まり
◇―――踏み出す
◇初めての錬金術
◇番外編―――在りし日の記憶1
◇番外編―――在りし日の記憶2
◇番外編―――在りし日の記憶3
◇レシピ1―――爆粉うに
◇レシピ2―――グラスビーンズ
◇爆粉うにの実力
◇レントの頼み
◇光の軌跡
◇レシピ3―――草刈り鎌
◇逃げてたワケ
◇レントのキズ/アガーテの優しさ
◇レシピ4―――フラム
◇笑み

[1]次 最初 最後
[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析