ハーメルン
Pluton-ium239
作者:adbn

イデア・シュラウドが「本気」で戦う様を、一度だけみたことがある。そんな気がしている。だがあの日の鏡から一歩出たとき、ケイト・ダイヤモンドは中で起きたことの断片しか憶えていなかった。
3Bがモブの画策で異空間に閉じ込められてモンスターを嗾けられる話。バトルシーンは書けないのでカット。ブロットを原料に魔法を使ってブロットを増やすオーバーブロット者、増殖炉っぽいなと思ったので「シュラウド(核燃料+制御棒の覆い)」(軽水炉のパーツなので増殖炉には使われてないけども)なイデア氏。※ツイステ受動喫煙※「前のオルト」くんが物質世界のどこにもいなかった世界線

~目次~

◇Pluton-ium239

[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析