ハーメルン
悪事を働かない、あくタイプ使い
作者:しぇからしか!

これはとある地方で巻き起こる、あくタイプ使いのトレーナーの物語である。



「──ククク…。この俺様を相手に何度も挑んで来るその気概、褒めてやる。……だが無理のしすぎは良くねェ、適切な休憩を取るのも一流のトレーナーに必要なことだ。今日はここで切り上げてポケセンに行き、テメェのポケモンたちと一緒にさっさと眠りに就くんだなァ、ククク…!」
(((えっ、優し…)))
~目次~

◇悪事を働かない、あくタイプ使い
◇悪事を企てない、あくタイプ使い
◇悪事を見逃さない、あくタイプ使い(上)
◇悪事を見逃さない、あくタイプ使い(下)
◇悪行を重ねない、あくタイプ使い

[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析