ハーメルン
海と山がみえるバス停で
作者:渡純

紅華歌劇団に入って五年目の星野薫は思ったような役がもらえず苦悩していた。なんとか薫を励まそうと必死の彩子は、さらさに相談する。さらさは暁也とともに一計を案じ、薫のために動くのだった。

コミック3巻「スピンオフ 男役志望・星野薫の夏休み編」と、アニメ第八幕「薫の夏」の壮大なネタバレを含みます。未読・未視聴の方はお気をつけください。
~目次~

◇第1話
◇第2話
◇第3話
◇第4話
◇第5話
◇第6話

[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析