ハーメルン
やはり俺のぼちキャン△は間違っている。
作者:乱A

中学時代、本物の関係を築けると思っていた比企谷八幡。
だが修学旅行で奉仕部が受けた相反する依頼を彼なりに解決した結果彼女達は彼を拒絶した。
話を聞いただけの妹も彼を責め、比企谷八幡は一人千葉を離れ、山梨を訪れる。
その地での出会いに彼は何を見出すのであろうか。

※俺ガイル原作の高校2年の出来事が中学3年におき、告白事件の後に八幡は奉仕部には寄り付かなくなったまま卒業し転校したという独自設定となっております。

※十二話目の最後の方を書き直しました。


この作品は作者のブログ「四人部屋」にも投稿しています。

~目次~

◇第一話「ぼっちとソロと遭難者」
◇第二話「鍋と夜のふじさん」
◇第三話「思いと思い」
◇第四話「折れたポールと関わり合い」
◇閑話「そして比企谷八幡のぼちキャンは始まる」
◇第五話「旧友と立ち直り」
◇第六話「野クル参加?」
◇第七話「キャンプめしとキャンプめし」
◇閑話2「スーパーカブのすれ違い」
◇第八話「キャンプ会議」
◇第九話「四尾連湖と電話」
◇第十話「四尾蓮湖キャンプと牛鬼オバケ」
◇第十一話「斉藤恵那は告らせたい」
◇第十二話「そして比企谷八幡と比企谷小町は」
◇第十三話「初顔合わせと比企谷家(仮)」

[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析