ハーメルン
壊れた器は元には戻らない
作者:火神零次

壊れた物は元に戻ることはない。
抜け落ちた歯車は、永遠にあるべき場所へと帰ることはない。

狂気、盲信、執念、呪いの果てに生まれた者は異常でなければ、自らを保つことは出来ない。

魔法すらも技術となった世界で、魔法を超える力を持つ少年は、圧倒的な実力にて首席入学を果たした司波深雪と、劣等生でありながら己の実力を隠し続ける司波達也の二人を、そして彼らを取り巻く人間たちを見て、何を思うか。

――少年を蝕む(のろい)は今もなお側にある――
~目次~

[1]次 最初 最後
入学編
◇入学式
◇出会い
◇放課後の諍い
◇人を見る目
◇暗躍する影
◇矢幡秋水という男
◇テロリストの襲撃
◇襲撃の代償
◇ブランシュ殲滅
◇収束
九校戦編
◇理論と実技
◇九校戦の準備
◇移動中の災難
◇疑念
◇懇親会
◇十師族
◇九校戦 開幕
◇実力差
◇少しずつズレていく道筋
◇妨害

[1]次 最初 最後
[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析