ハーメルン
プロデューサーとして
作者:大型犬に押し倒されたい

町内会の催しで大量に団子を貰ってきたので事務所の皆で食べようとやってきたプロデューサー、だけど事務所にはアイドルがほとんどおらず
~目次~

◇プロデューサーとして

[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析