ハーメルン
ベル・クラネルの治癒魔法の使い方は間違っているだろうか?
作者:救命団副団長

 何故か異世界に召喚されてしまったベル・クラネル(当時7歳)。治癒魔法に素質があったばかりに兄弟子のウサトと共に鬼畜のローズに目をつけられた!
 7歳という幼さ故に魔王軍とと戦いはそこまで前線に出ることはなかったが、魔王軍の脅威が去った後も帰れず7年。ようやく帰還する術が見つかり、祖父と再開し憧れのウサトのような英雄になるべく、相棒のフェルと共にオラリオへと旅立つ!しかしローズ達により常識を書き換えられてしまったベルは……
~目次~

怪物祭
◇プロローグを書くのは間違っているだろうか?
◇ファミリアを探すのは間違っているだろうか?
◇派閥を決めるのは間違っているだろうか?
◇恩恵を刻むのは間違っているだろうか?
◇謝罪に行くのは間違っているだろうか?
◇食事の誘い方が間違っているだろうか?
◇酒場に入るのは間違っているだろうか?
◇ダンジョンで出会うのは間違っているだろうか?
◇酒場で怒るのは間違っているだろうか?
◇酒場で再会するのは間違っているだろうか?
◇凶狼と戦うのは間違っているだろうか?
◇再び謝罪に行くのは間違っているだろうか?
◇黄昏の館に来たのは間違っているだろうか?
◇花を千切るのは間違っているだろうか?
◇祭の日に手伝うのは間違っているだろうか?

[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析