ハーメルン
絡繰人形、何を思ふ
作者:yuzu


君は、君達はあの時から変わった。変わってくれた。

人間とは常に変わり続けるものなのだ。変わり続けるからこそ、人間なのだ。

機械は、絡繰は、人形は永遠に変わらない。
何も知らない。この感情の名も、変わり付ける苦しさと嬉しさも、痛みも、悲しみも、怒りも、温かさもない。


そんな私に、戦いを奪ったら他に何が残ろうか。

それはきっと、

守れなかった者達と殺し続けた者達の恨み言か、

守ったと勘違いしている者達との虚しい思い出だけ。


空っぽで何も無い人形が残るだけ。


それでも、貴方は笑っているだけでいいと言ってくれた。
笑っていればどうとでもなると、勝ちなのだと大きな声で笑いながら、気楽に教えてくれた。


この感情の名はわからずとも、私の空っぽだったはずの宝箱にひっそりと煌めいている。




あの日に戻れたら、なんて誰も言わない。
今の方がいい、なんて誰も言わない。

折れてしまったものが、再び完全に元に戻ることなどないと知っているから。時代の波に押し流されても、変わらないものがあると知っているから。


私も、それを受け入れよう。
そして、未だに子供のような君たちを見守ろう。



※オリ主注意。あと、普通に人外のババア口調。かなり読む人選びます。後は、オリジナル展開によるキャラの過去捏造。オリキャラあり。
※相手は坂本辰馬ですが、くっつくかは未定です。


文にすると、かなり読む人選ぶなあ……。





~目次~

◇絡繰少女って響きだけで言えばかっこいいよね

[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析