ハーメルン
百獣の海王シ・シャーク 【B級サメ小説シリーズ】
作者:?がらくた

日本のどこかにある海沿いの田舎、白鰐(しろわに)町で事件が起きる。 
白鰐団地のすぐそばにある公園で親が目を離していた隙に、猫田少年が何者かに殺されたのだ。
現場には動物の毛のようなものが落ちていたが、捜査は難航。
少年の死を皮切りに次々起こる怪死に、近隣住民が騒然とする中、血とサメの匂いを嗅ぎつけた鮫斬りの異名を持つ鮫島は、ニュースを見ながら事件を静観していた……!
百獣の王と海の人喰い生物をくっつければ怖くね?という、安直な発想から生まれたシ・シャークに、斬人はどう立ち向かうのか!



キャラクター紹介

鮫島斬人(さめじま・きりと) 

鮫斬りの名で知られる、黒髪の中肉中背の男。
一人称は俺様。
礼儀知らずで傲慢な性格だが、実力は本物で、数多くの不可思議なサメを殺してきた実績がある。
サメに対して独自の理論を展開していて、異性との関わりを極端に嫌う。
愛用の2本の刀はどちらにも刀身がないが、呪文を唱えることで、さまざまな形の刀身が浮かび上がるという。



鮫口紗子(さめぐち·さえこ)

金髪碧眼の斬人の女助手。
溌剌とした性格だが、かなりの毒舌家。
米国人父と日本人母のハーフで、あだ名はシャーコ。
今までは米国で暮らしており、母に日本語を教わっている最中なので、語尾のイントネーションがちょっとおかしい。

「金髪美女といると、サメに襲われる」

という持論を持つ斬人からは、少し嫌われている(毒舌のせいもあるが)。
たまに彼に的確な突っ込みを入れてくれる、数少ない存在。



主人公の斬人視点の三人称一元視点小説です。
アルバトロ〇とアサ×ラムの社員に

「B級サメ小説を書かないと、遺伝子操作でお前の両親と姉を、サメ人間にするぞ」

と脅されて、この小説を書くに至りました。
B級映画並みの整合性を取れていればいいらしいので、キャラクター設定含め、適当に書いてます。

この小説はFC2ブログ、小説家になろう、ハーメルンに投稿しています。
~目次~

◇頭までB級
◇B級映画のジャケット詐欺
◇第3話 サメがロクにでないのが、B級サメ映画

[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析