ハーメルン
陰の矜持
作者:赤穂あに

弟が指名手配された。故郷は焼き払われた。それなら俺は、せめて兄としてできることをしようと思う。他のことは後から考えればいい。今はまだ、考えたくない。

※pixivからの転載です
~目次~

◇世界が救われるまで
◇平和になってから
◇その終わりの入り口まで

[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析