ハーメルン
死んで、泣き喚かれたいのは間違っているだろうか
作者:クラウスAB

ベル君が“愉悦”もとい“曇らせ”を愛してやまない思考を持っており、全て“愉悦”のために行動するとしたら、のIFルート。

※曇らせ注意。
※ベル君の性格が激変しています。苦手な方はブラウザバック推奨。
※にわか勢なのでご容赦ください。
~目次~

◇プロローグ
◇ミノタウロス
◇【豊饒の女主人】
◇VS【凶狼】
◇事後
◇影響
◇【怪物祭(モンスターフィリア)】・前
◇【怪物祭(モンスターフィリア)】・後
◇ヘスティアの苦悩-①
◇ステイタスの異常
◇【小人族】
◇“曇らせ”の再認識
◇リリルカ・アーデ 前
◇リリルカ・アーデ 中

[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析