ハーメルン
押田くんと異世界探検する
作者:とにざぶろう

マリーの実家で食事会に参加していた安藤と押田の二人は、気付けば草原の真ん中に佇んでいた。

そこは剣も魔法もない、一見、彼女たちの世界と同じ世界。
けれど、確かに、どこかが違っている。

奇妙な生物や木々、そして体の異変。

はたして、この世界は一体何なのか。
そして二人は、元の世界へ帰ることができるのか。

表紙

【挿絵表示】

~目次~

◇【1】海辺、扉
◇【2】草原、毛玉
◇【3】水、重力
◇【4】スリッパ、諍い
◇【5】人型、暗闇
◇【6】遭遇、幕間
◇【7】森、食事
◇【8】言葉、集会
◇【9】遭遇、幕間再び
◇【10】焚き火、手砲弾
◇【11】太陽、風
◇【12】世界、策
◇【13】砲撃、宝石
◇【14】声、光
◇【15】再び海、そして帰還

[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析