ハーメルン
クトトリア広場の笛吹き男
作者:廓月 カズヤ

万物が精霊の力により存在する世界。そこで精霊たちは人々の紛れ生活したり、時には人を弟子にとり魔法の力を授けることさえある。
精霊たちが各々司るのは火・水・風・土の4つ。そして今、アトリア宗教国に水の精霊エクリルと風の精霊イヴォン、土の精霊アルゥが集った。自分勝手で団結力の無い筈の精霊たちが、この国に集まった理由は?そして三人の目的は如何に?

★毎日17時1話ずつ更新 全7話
~目次~

◇1話:せいれいしゅーごー
◇2話:ひのせいれいをすくえ
◇3話:めんどーごとはあとまわし
◇4話:あそびはぜんりょくで
◇5話:えくりるのさくせん
◇6話:ばいばいです
◇0話:クレルトの追憶

[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析