ハーメルン
PSYCHO-PASS -confrontation of orphen-
作者:鈴夢


表紙


【挿絵表示】



イラスト
朱色の空様 提供


【挿絵表示】

━━━━━━━━━━━━━━

①White and white
②PSYCHO-PASS White referee
③ PSYCHO-PASS Sinners of the System[case.4 再会の白] ーReunited with White

に続く4作目です。

舞台は原作で今現在、空白になっている2118年です。
基本的に時系列も原作通り。
一部生存キャラなどがいます。

━━━━━━━━━━━━━━━

2118年 8月

狡噛慎也の妹、狡噛舞白は花城フレデリカのスカウトもあり、外務省行動課に所属。
特異な免罪体質者として、数年間シビュラシステムに狙われていた立場であったが利害の一致の為、和解することに。

現在、3ヶ月間という限定期間で
公安局刑事課一係の監視官補佐として身を置いていた。

そして約1ヶ月、特に大きな事件事故なく、平穏に任務を遂行していた時、青森のとある施設からプルトニウムが強奪される。
強大な放射性物質、それを悪用されれば都市を壊滅させられてしまう危険があった。

ふたつの影、その背後に潜む怪しい大きな影も
潜んでいた。

不幸にも、その事件に関わることになる狡噛舞白。

都市壊滅、そして大きな目的を持つ犯人。

果たしてその2人の真の目的は?ーーーーーー

・・・・・

若干、残響のテロル要素あり

――――――

読んでくださりありがとうございます!
ぜひ評価やコメント、沢山待ってます!必ず返事をお返しします!作品を執筆する糧になりますので、是非ともよろしくお願いします!

~目次~

[1]次 最初 最後
◇キャラ設定
1章
◇闇夜に溶ける猟犬達
◇死のボーダーライン
◇狂気の中の理性
◇人間の性
◇林檎畑と初恋
◇隠された真実
◇汚れ仕事
◇オリュンポスの神々
2章
◇忍び寄る影
◇罪と罰
◇冷めた瞳の奥底に
◇汝自らを知れ
◇百伶百利な彼女の推理
◇独占された甘い蜜
3章
◇埋め込まれていたその"遺"物
◇正義とは
◇裏の裏を
◇袋の鼠
◇3つの暗号が示すモノ

[1]次 最初 最後
[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析