ハーメルン
獅子帝の去りし後
作者:刀聖

 新帝国暦〇〇三年、宇宙暦八〇一年七月二六日二三時二九分。ローエングラム朝銀河帝国初代皇帝ラインハルト・フォン・ローエングラム崩御。
 銀河系の五分の一にまで版図を広げた全人類社会を一代で征服した「獅子帝」は使命を終えたかのごとく、二五歳で命数を費い果たした。
 これは一人の軍人志望の少年を狂言回しとした、伝説の終幕後の歴史を生きる人々の物語である。
 ※この小説は「らいとすたっふルール2015年改訂版」に従って執筆するように心掛けています。また、設定は基本的に原作小説準拠ですが、原作と矛盾しない場合はアニメ版やコミック版などの設定も採用しています。
~目次~

第一章 落日、見届けて
◇第一節
◇第二節
◇第三節
◇第四節
◇第五節
第二章 曙光は淡く、されど眩し
◇第六節
◇第七節
◇第八節
◇第九節
◇第十節
◇第十一節
第三章 残照は儚く、そして昏く
◇第十二節
◇第十三節
◇第十四節
◇第十五節
◇第十六節
◇第十七節
◇第十八節
◇第十九節

[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析