ハーメルン
A memory for 42days
作者:ラコ

大人になった2人。

短い期間を一緒に過ごした42日間。

変わらない八幡と、変わらなくてはならなかったいろはの暖かいお話。
~目次~

[1]次 最初 最後
◇冷たい雨は暖かいコーヒーとなって。
◇思い出を熱いレモネードで流し込み。
◇甘い香りに連れ出され。
◇渇きに優しさを注ぎ込み。
◇曖昧なミルクティー
◇ぬくもりを背中から
◇白い息と寒い手はあなたのために
◇深い眠りは秘密とともに
◇寒空の下で温まる2人
◇ミルクティを無言で見つめ
◇過去に風を吹かして
◇冷たい手で傘を差し
◇電話の音に踊らされ
◇寒さに震える問答
◇背中に回った腕を力強く
◇ダージリンで微睡んで
◇気流に星が輝きを増して
◇嵐のように灰舞う思い出
◇窓の外から漏れる光は
◇嵐の雪の日に

[1]次 最初 最後
[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析