ハーメルン
比企谷八幡と黒い球体の部屋
作者:副会長

 その部屋には、ある黒い球体があった。

 住人はいない。

 だが、その部屋には夜な夜な“死人”が集められる。

 その黒い球体によって。

 そして、彼らを“宇宙人”との戦争へと送り込む。

 その“ゲーム”の主催者であり、支配者である、その黒い球体は。

 どこのだれが名づけたのか、畏怖を込めて、こう呼ばれた。


 『GANTZ』。


 これは、黒い球体に誘われた、比企谷八幡の物語。



※pixivにも連載しています。
~目次~

[1]次 最初 最後
ねぎ星人編
◇まぁ、でもこいつらに出会えたなら、碌なことなかった俺の人生にも、ちったぁ意味があったのかもな……。
◇ああ、そうだ。俺はカッコ悪い。間違ってもヒーローなんかにゃなれはしない。
◇なんとかして……絶対家に帰してやるよ。…………俺と……葉山で
◇何やってんだ、葉山?
◇これからよろしくね☆ ぼっち(笑)さん♪
◇それぢは ちいてんを はじぬる
田中星人編
◇由比ヶ浜は、雪ノ下の傍にいてやってくれないか?
◇奉仕部に、戻ってくるから
◇何やってんだ……俺は
◇僕は、悪くない。
◇……君さぁ。ちょっと調子に乗り過ぎだよ。
◇こんなとこで、つまんなく死ぬな。
◇僕の命は、僕のものだ。
◇裕三君?
◇バイバイ。ヒーロー
あばれんぼう星人・おこりんぼう星人編
◇ついに、比企谷八幡は失った。
◇そして、比企谷八幡は魔王に救われる。
◇思いのほか、葉山隼人は手段を選ばない。
◇比企谷八幡は、彼と己の在り方について自問する。
◇三度、彼らは残酷な戦争を強いられる。

[1]次 最初 最後
[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析