ハーメルン
悪徳の都に浸かる
作者:晃甫

 何の因果か二度目の生を受けた男。
 立っていたその場所は、世界屈指の悪の都だった。

 輪廻転生モノ、若干の勘違い成分含。
~目次~

[1]次 最初 最後
Main
◇001 悪徳の街に彼らは立った
◇002 本名不詳の男
◇003 隻眼の修道女
◇004 二挺拳銃と呼ばれるに至るまで
◇005 ラブレス家の女中
◇006 四者四様デッドチェイス
◇007 猟犬の結末
◇008 泥の妖精
◇009 第一の分岐点
◇010 開戦の狼煙
◇011 片翼の妖精は笑う
◇012 束の間の日常
◇013 GO THE EAST
◇014 異国の地にて彼らは集う
◇015 犇めく悪党達は交わる
◇016 蠢く悪意と良心の狭間で
◇017 TOKYO SHOCK
◇018 交錯する思惑の先に重なる決意
◇019 そして四者は動き出す
◇020 彼らは戦地へ赴く

[1]次 最初 最後
[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析