ハーメルン
ジョン・メイトリックスは勇者部所属
作者:乾操

讃州中学3年、ジョン・メイトリックス。
筋肉モリモリでマッチョなこの男の子は、同級生の犬吠埼風が部長の『勇者部』に所属するごく普通の変態だ。
そんな勇者部の隠された使命は、『樹海』と呼ばれる結界空間で人類の敵『バーテックス』とドンパチして、『神樹』を護ること。
樹海に入ることが出来るのは、選ばれし『勇者(コマンドー)』だけ。
……のはずだったのに、なんだかここ最近、樹海の、そして勇者部を取り巻く世界の様子がちょっと違うみたい……?
勇者部とバーテックスだけが行動できるはずの樹海で出会う、不思議な存在とは?



~目次~

◇1・うどんでも食ってリラックスしな
◇2・カメレオンみたい……
◇3・メイトリックスは元気に走り回ってるわ。い ま ど こ ?
◇4・助けてターボマン!
◇5・NO FATE(運命ではない)
◇6・信じられない、夢みたい
◇7・嫌な考えが浮かんだ。もしこれも夢だったら……(前編)
◇8・嫌な考えが浮かんだ。もしこれも夢だったら……(後編)
◇9・私たちはあなたの思い出づくりに協力します
◇最終話・(夢から脱出)したいだけです

[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析