ハーメルン
シュガー・データ
作者:鈴菜

シュガー・データ

 異世界トリップした俺は、魔法が使えるようになった。
 それは、砂糖精製の魔法。
 それを評価してくれる大貴族が現れて、それから成り上がりが始まるかのように思われたが……。

シュガー・メモリー

 異世界に新アカ女ゲームキャラでトリップしてしまった俺は、娼婦となり病を得て処分が決まっていた。
 そこに、ゴウン辺境侯の噂を聞き、パレードを見る。
 最後にいい夢見れて良かった。片思いしていたウルベルトは今もナザリックに居るのだろうか?
 モモンガ様のギルメン救出RTA。
~目次~

シュガー・データ
◇一話
◇二話
◇三話
◇四話
◇最終話
シュガー・メモリー
◇おまけ短編~Web版基準~
◇シュガー・メモリー プロローグ
◇ステージ1……失敗!
◇判決! ガボットさんはホモ!!
◇交渉は決裂した。繰り返す、交渉は決裂した!
◇セピアに塗るから動いちゃ駄目です
◇最終回
◇エピローグ

[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析