ハーメルン
ムイシキデイリー
作者:失敗次郎

無意識とはなんだろう。彼女を見て思う。彼女の名前は古明地こいし。無意識を操る妖怪らしい。だが、ぼくにはどうしても彼女がその能力で苦しんでるようにしか見えなかった。お節介かもしれないが、ぼくは彼女になにかしてあげたいと、そう思ってしまった。――――戯言みたいな、御伽話。
~目次~

戯言遣い
◇出会い
◇夢枕にご先祖総立ち
◇弾幕パラノイア
◇イドの解放
◇妖怪ポリグラフ
◇嫌われ者のフィロソフィ
◇サブタレイニアンローズ
古明地こいし
◇VS八雲紫
◇VSフランドール・スカーレット
◇VSフランドール・スカーレットⅡ
◇VS零崎人識
◇VS古明地さとり
◇VS哀川潤
◇別れ

[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析