ハーメルン
真海底軍艦〜轟天号を継ぐ者〜
作者:ヘルダイバー

1963年

大東亜戦争(別称:太平洋戦争)が終結した18年後、超技術を持って太古の昔に繁栄していたと言われるムウ帝国が突如として全世界に宣戦布告した。
国際連合は総力を挙げて抵抗したが国連軍は全滅、もはやムウ帝国に支配されるしか道は残されてないのかと思われた。
だが大日本帝国海軍が秘密裏に開発した万能戦艦 海底軍艦轟天号と、大日本帝国海軍残党部隊 轟天建武部隊の活躍によりムウ帝国を滅ぼし、世界を救ったのである。


2003年

それから40年後、日本で自衛官を目指し自衛隊少年工科学校に入学した少年 神宮司大貴は、授業の一環で乗艦したイージス艦が正体不明の潜水艦に撃沈され、とある島に流れ着いてしまった。
そこで少年は伝説の海底軍艦を発見する。

40年の時を超えて今大日本帝国海軍の忘れ形見にして、最強の遺産が再び動き出す!




これより海底軍艦は出撃します!



初投稿になります、投稿速度は遅かったり早かったりするのでご了承ください、感想を毎時受け付けています良かったらアドバイスも下さい!
~目次~

[1]次 最初 最後
◇登場人物紹介
◇序章
◇第1話 神宮司大貴と言う少年
◇第2話 見学そして遭遇
◇第3話 初戦闘 対MU潜水艇
◇第4話 時を待つ敵と海底軍艦の発見
◇第5話 大貴、天野三郎に会う
◇第6話 建武基地の見学、轟天号へ...
◇第7話 出撃、伊豆諸島海域へ
◇第8話 伊豆諸島海域戦
◇第9話 必殺!ドリル突撃! そして少年の決意
◇第10話 鴉島轟天建武基地でのとある1日
◇第11話 国連の動きとムウ帝国の次なる一手
◇第12話 対マンダ戦前編 怪竜 マンダの脅威
◇第13話 対マンダ戦後編 マグマダイバー、轟天号
◇第14話 宣戦布告 新生ムウ帝国
◇第15話 恐怖!航空超兵器群 アネモイ
◇第16話 対ボレアース戦 前編 飛べ!震電二型!
◇第17話 対ボレアース戦 後編 自衛隊の意地
◇第18話 轟天カレー騒動

[1]次 最初 最後
[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析