ハーメルン
斯くして一色いろはは本物を求め始める。
作者:あきさん

様々な経験をしたことで、少しずつながらも成長していく一色いろは。
にもかかわらず、恋の相手や奉仕部の三人とは今以上に関係を進展させられないまま。そして、奉仕部の三人もまた、現状を何も変えられずにいた。
しかし、とある出来事をきっかけに、止まっていた全ての物語がようやく動き出す――。

※いろはルートのいろは視点です。

2/14 完結。
長い間、本当にありがとうございました!

Pixivの方には、章ごとにまとめたものを投稿しています。

4/16 本作の短編集です。
斯くして一色いろはの日常は巡りゆく。
【https://novel.syosetu.org/82176/】

作中時系列は、最終章の終了時からアフター冒頭までの間となっております。
よって、本作→巡りゆくの順を強く推奨します。

ツイ垢:Atelier_Z44
更新報告や進捗とか呟きます。
~目次~

[1]次 最初 最後
序章: 一色いろはは、新たな道へ踏み出す。
◇0#01
第一章:願わずとも、一色いろはの日常は変化していく。
◇1#01
◇1#02
◇1#03
◇1#04
◇1#05
◇1#06
◇1#07
第二章:そうして、彼女は間違いを問い直し、問い続ける。
◇2#01
◇2#02
◇2#03
◇2#04
◇2#05
◇2#06
◇2#07
◇2#08
◇2#09
◇2#10
◇2#11
第二章 ―続―:彼と、彼女たちが見つめているものは。
◇A#01

[1]次 最初 最後
[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析