ハーメルン
GATE×オリ主&オリ国家
作者:オシドリ

人がまだ存在しなかった遥か昔の特地に、ある日本人の男がやって来た。
彼は己が生きた証を残すため街を造り、劔冑となった。
後に人が増え、遺した街は国となり、劔冑は崇められて神となった。

そして時は流れて。
ゲートにより、日本と特地が繋がった。

※気分転換と思いつきで書いています。
※のんびりと更新していきます。
※勢いで書いているため、後で編集することが多いです。予めご了承のほど、どうかよろしくお願いいたします。
~目次~

[1]次 最初 最後
序章 接触編
◇第1話
◇第2話
◇第3話
◇第4話
◇第5話
◇第6話
◇第7話
一章 交流編
◇第8話
◇第9話
◇第10話
◇第11話
◇第12話
◇第13話
◇第14話
◇第15話
◇第16話
◇第17話
◇第18話
◇閑話1
◇閑話2

[1]次 最初 最後
[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析