ハーメルン
もしキリトさんが茅場晶彦によってSAOのレベルのまま迷宮都市オラリオに送られたら。
作者:機巧

セントラル・カセドラルの頂上で、アドミニストレータとの決戦を制したキリト。
しかし彼は、謎の光に打たれ。
目が醒めると、茅場が目の前にいた。
アリシゼーションの記憶をなくし、彼に迷宮都市オラリオに送られたキリトは、最高レベルが7の世界で自身がSAOクリア時のレベルである事に気付く。
これは、折れた青薔薇を携えた黒の剣士による〈剣の軌跡(ソードアート)〉。

アンチ・ヘイトは、保険です。
~目次~

◇プロローグ1
◇プロローグ2
◇迷宮の洗礼
◇レベル
◇ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか&教会の天井から頭を突き出すのは間違っているだろうか
◇バベル
◇キリトとベート、勃発

[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析