ハーメルン
あの時、この時、もしもの話。
作者:スパルヴィエロ大公

一話完結の俺ガイル短編集。そしてIFストーリー。

あの時、こうしていたら。
もしかして―――悪夢を見ることになっていたかも知れない。


一部キャラの改変が酷く、ストーリーも基本的には鬱なので不快感を催す恐れがあります。
その場合はブラウザバックを勧めます。

また、今後同じ作者が連載中の「ぼっちと九人の女神たちの青春に、明日はあるか。」の設定を流用した話が出てくることもあります。(その際、サブタイに★が付きます)
そちらも併せて読んでいただけますと幸いです。
~目次~

◇無責任な善意×無謀な行動。その解は、破滅。
◇たったひとつの、冴えたやりかた。相手の感情に、欲望に、恐怖に訴えろ。
◇人生において、選ぶ道はたくさんある。しかし、逃げ道は一つしかない。・・・★
◇本物。それは何物にも代えがたい、男の友情なのである。(前編)
◇本物。それは何物にも代えがたい、男の友情なのである。(後編)
◇世界がまちがってるのは、どう考えても私のせいじゃない。

[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析