ハーメルン
阿礼狂いに生まれた少年のお話
作者:右に倣え

御阿礼の子――幻想郷縁起の編纂を義務付けられた一族であり、代々転生を繰り返し記憶を継承する。

編纂のために出歩く彼女らに付き従い、護るものたちがいた。

御阿礼の子のためなら喜んで死地に赴き、自害することも厭わない守護の一族。



彼らは――阿礼狂いの一族と呼ばれていた。




10/24 続編に当たる物語を投稿し始めました。https://syosetu.org/novel/205487/
~目次~

[1]次 最初 最後
目覚めの時代 ‐稗田阿七‐
◇少年は目覚めを自覚する
◇稗田阿七という少女
◇人里でのとある一幕
◇或る烏天狗と白狼天狗
◇幻想郷縁起
◇阿礼狂いと人と妖怪と
◇残酷な約束
◇登場人物紹介
揺籃の時代 ‐あるいは、嵐の前の静けさ‐
◇阿七のいない世界
◇信綱と博麗の巫女
◇青年は人を探す
◇閑話 阿礼狂いの友人のお話
◇一つの転機
◇椛の憂鬱
◇死者の思い
◇閻魔との出会い
◇登場人物紹介
動乱の時代 -稗田阿弥-
◇霧に蠢く狂気
◇戦いの前
◇すれ違った戦い

[1]次 最初 最後
[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析