ハーメルン
大本営第二特務課の日常
作者:zero-45

 どこかの世界にある日本という国の海軍大本営に所属する吉野三郎少将

 将官の私設部隊としての設立であった同課は、艦娘との縁に導かれ深海棲艦との接触に成功、共闘をするに至る。

 流されるまま、流れに流れて居を置いたのは現在深海棲艦のテリトリー真っ只中の旧ニュージーランド。

 そこを西蘭島と改名し泊地とした吉野達は、深海棲艦と人類の狭間で混沌に塗れる事となった。

 これはブラウザゲーム『艦隊これくしょん』の二次作品です、シリアスとギャグの差が激しく見る方によってはとても崩壊したイメージを持たれる可能性があります、ご注意下さいませ。


【こんな拙作にも関わらず支援絵を描いて頂いた画伯様方、真に有難う御座います】
─────────
第14話〔大本営の武術事情〕他

【挿絵表示】

【挿絵表示】

【挿絵表示】

【挿絵表示】

『無能転生 ~提督に、『無能』がなったようです~』
https://novel.syosetu.org/83197/
作者、たんぺい様
─────────
第11話〔はい、榛名は大丈夫です!〕より

【挿絵表示】

暖房様
─────────
第111話〔吹雪型 五番艦 参〕より

【挿絵表示】

【挿絵表示】

パッカルディ様
─────────
300話お祝いネタ画像

【挿絵表示】

文字数だけジャンル一位お祝い画像

【挿絵表示】

作成・提供『提督をみつけたら』https://syosetu.org/novel/138084/
作者、源治 様
~目次~

[1]次 最初 最後
この話に出てくる人とか色々
◇この話に出てくる人物まとめ(西蘭泊地)
プロローグ
◇辞令を受けた日
白露型二番艦
◇準備を始めましょう
◇秘書艦着任、その名は時雨
◇時雨のヲモイ、テイトクのキモチ
幕間
◇大本営第一艦隊旗艦、大戦艦飲兵衛
金剛型三番艦
◇戦艦榛名、ダンボールで着任しました。
◇主砲!砲撃開始!!
◇榛名流対空砲火
◇"オネーチャン"として、軍人として、提督として
◇箱庭の楽園、少女の戦場
◇はい、榛名は大丈夫です!
幕間
◇逝こうよ! 動○の森
◇大本営の武術事情
妙高型一番艦
◇宇宙な武装事務員
◇老将、語る
◇妙高の覚悟、提督の覚悟
◇結局、押し切る事になる
◇彼女達のその後、提督のカラダ
幕間
◇全自動ランチ、惨事のオヤツ

[1]次 最初 最後
[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析