ハーメルン
やはり俺の戦車道は間違っている。【本編完結済み】
作者:ボッチボール

※始めに。
ガールズ&パンツァーと俺ガイルのクロスオーバーです。
前提として俺ガイルからは八幡と小町のみ?他キャラが出るとしても他学校の戦車チームとかかな。

前提として大洗女子学園は大洗学園、つまり共学です、ってか、戦車道に男部門ってあるのかしら?
基本的に八幡は公式試合には出ません、戦車道は乙女の嗜みですから。

作者の知識はガルパンはアニメや漫画、ドラマCDとかのネタもちょくちょく、俺ガイルは一応原作見てるけど八幡の性格とか多分再現出来ない自信はあるよ。

さらに言えば処女作でもあるのでいろいろとおかしな所出るかもしれませんが感想等貰えたら嬉しいです。

※2019年10月12日、皆様の応援のおかげもあり、無事本編を完結させる事ができました!ありがとうございます!!
~目次~

[1]次 最初 最後
【戦車道全国大会編】
◇やはりぼっち同士は引かれ会う。
◇嫌々ながら、比企谷八幡は生徒会に連れてかれる。
◇いつの間にか、西住みほには友達が出来ていた。
◇予想通り、武部沙織は恋愛脳(スイーツ)である。
◇やはり、西住みほは選べない。
◇彼と彼女達の戦車道は、ここから始まる。
◇彼女達の戦車道は、戦車探しから始まる。
◇ようやく、比企谷八幡と西住みほは話をする。
◇こうして、彼は彼女達と少しだけ距離を縮めた。
◇適当に、大洗戦車道チームは結成される。
◇くどいようだが、戦車を洗車するのは冗談では無い。
◇予想通り、比企谷 小町は企んでいる。
◇それでも彼は、暗がりの方を好む。
◇思い付きで、比企谷八幡は戦車に乗り込む事になる。
◇意外にも、比企谷八幡は受け入れられていた。
◇会議は踊る、キチンと回る。
◇こうして、比企谷八幡は西住流に挑む。
◇やはり、西住流は容赦が無かった。
◇そして、彼と彼女達の初めての戦車試合に決着がつく。
◇思った以上に、五十鈴 華は芯が強い。

[1]次 最初 最後
[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析