ハーメルン
バイオハザード インクリボンがゴミと化した世界で
作者:エネボル

セーブが出来るタイプライターなんてありません。
ハーブを食べても回復はしません。
銃弾なんて落ちてません。拾えません。作れません。
巨大ワニとか洒落になりません。
バイオの世界が現実となった。ラクーンシティーで目覚めたジョー・ナガトは、生前に遊んだゲームの記憶を取り戻し、地獄と化した街から生き残る為に奔走する。
要するにバイオをプレイした記憶持ちのオリ主が、ラクーンシティで頑張る話です。

~目次~

◇01 かゆうまとか笑い事じゃない
◇02 悔い改めます。
◇03 現実の恐ろしさを前に 前篇
◇04 現実の恐ろしさを前に 後篇
◇05 死中に活を……
◇06 壷毒の巣窟へ 前篇
◇07 壷毒の巣窟へ 中篇
◇08 壷毒の巣窟へ 後編
◇09 メメント・モリ
◇10 祈り、生存を求める者 前篇
◇11 祈り、生存を求める者 後篇
◇12 選択を迫る産声

[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析