ハーメルン
幼女を愛でつつ敵をくっころし天下を統一するだけの話
作者:ちびっこロリ将軍

時は反董卓連合後の群雄割拠。相国の董卓は連合に敗れ旧都長安に撤退。群雄たちは自らの覇権を築くために領土の争奪を行う。そんな中、単身にて荊州へ赴く男が居た。名を劉表。領土も兵力も持たぬ男が目指す先は臥龍、鳳雛と呼ばれる天才軍師達だった。

~目次~

[1]次 最初 最後
第1章 反董卓連合崩壊
◇0話 どうしてこうなった!
◇1話 泥舟から降りられない
◇2話 泥船は行くよどこまでも
◇3話 喧嘩するほど仲がいい(強弁)
◇4話 船から蹴飛ばされた日
◇5話 理屈と感情の狭間
第2章 荊州争奪戦
◇6話 水鏡女学院
◇7話 孔明の罠だ
◇8話 軍師にとって
◇9話 早すぎる来襲
◇10話 龍と鳳凰の目覚め
◇11話 江東の虎
◇12話 馬陵の戦い
◇13話 聖帝
◇14話 知名度
◇15話 囚われの軍師
◇16話 激怒する虎
◇幕間 河北情勢
第3章 群雄割拠
◇17話 崩壊する結束
◇18話 経済戦争

[1]次 最初 最後
[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析