ハーメルン
ISアドベンチャー 聖騎士伝説
第010話:悪魔獣咆哮!嫉妬の罪リヴァイアモン!!


千冬
「全身装甲のISだと!?」

真耶
「な、何ですか…この威圧感は…」

 管制室に移動した千冬は【ロイヤルナイツ】の姿に驚き、真耶は【オメガモン】が放つプレッシャーに気圧されていた

オータム
「(…まずは【オメガモン】で出たか…)アレが太一の専用機【ロイヤルナイツ】だ。」

千冬
「【ロイヤルナイツ】…聖騎士だと!?」

オータム
「だから聖騎士って言ったろ?」

千冬
(聖騎士の名を持つIS…誰があんな機体を造ったんだ…使い手だけではなくISまで謎に包まれているとは…)

 千冬の太一に対する疑惑はさらに深まっていった



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



セシリア
(な、何ですのこの機体は!?)

太一
「これが俺のIS【ロイヤルナイツ・オメガモン】だ。」

 アリーナでは真耶同様、セシリアも太一の【オメガモン】の放つプレッシャーに気圧されていた
 そんな中、遂に試合開始のアナウンスが流れ始めた

セシリア
「しょ、所詮は見せかけだけですわ!!」

アナウンス
『それではこれより、八神太一VSセシリア・オルコットの試合を始めます。………試合開始!』

セシリア
「喰らいなさい!!」

 セシリアは試合開始の合図と同時に大型ライフル【スターライトmkⅢ】からレーザーを放つが、太一は微動だにせずその攻撃を受けた

セシリア
「避ける暇もなかったようですわね!」

 セシリアは自分の射撃を太一が避けられなかったと思ったが…

太一
「…この程度か…」

 太一は避けなかっただけである
 セシリアのライフルの威力を確かめるためワザと攻撃を受けたのだ

セシリア
「な、何ですって!!」

太一
(30分避け続けるのも面倒だな…それに、この程度の威力なら【オメガモン】の装甲に傷一つつける事は出来ないな………よし!)

セシリア
「ば、馬鹿にして!!」

 セシリアは【スターライトmkⅢ】で連射攻撃をするが太一は腕を組んだまま全く動かず攻撃を受け続けていた



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



 一方管制室では千冬達は太一の行動が分からずにいた

千冬
「何故、攻撃も回避もしないんだ!あれでは30分経つ前にSEが尽きてしまうぞ!」

真耶
「…コレは…織斑先生!!」

千冬
「何だ?」

真耶
「八神君はISの絶対防御を解除してます!!」

千冬
「何だと!?では今のアイツは機体の装甲だけでオルコットの攻撃を受けているのか!!」

オータム
「なるほど。確かに絶対防御を解除すればSEが減る事は無い。動かずに時間稼ぎをするにはうってつけだな。」

千冬
「何を呑気な事を言ってるんだ!絶対防御を解除したら下手をすれば死んでしまうぞ!」


[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析