ハーメルン
ISアドベンチャー 聖騎士伝説
第013話:蒼き少女の想い 白い少年の評価

 
 自室に戻った太一がアグモンとくつろいでいると…

 コンコン…

太一
「開いてるぞ…」

セシリア
「…失礼します…」

マドカ
「入るぞ。」

アグモン
「いらっしゃ~い!」

 セシリアとマドカがやって来た

セシリア
「…その…一晩お邪魔いたします…」

太一
「ああ…ベッドはそっちを使ってくれ…」

セシリア
「…はい…」

 セシリアは空いているベッドに荷物を置くと、太一に向き直った

セシリア
「…あ、あの…八神さん…」

太一
「ん?」

セシリア
「…その…お、お礼を…まだ言っていませんでした………た、助けて頂いて…ありがとうございます!!!」

太一
「…気にするな…俺は自分のやるべき事をやっただけだ…」

セシリア
「そ、それでも感謝してます!!本当に…ありがとうございます!!」

太一
「…ならその言葉を素直に受け取っておこう…」

セシリア
「は、はい!!」///

マドカ
「…オルコット…お前何かあったのか?今までと態度がガラリと変わってるぞ?」

太一
「言われてみるとそうだな?…何かあったのか?」

セシリア
「い、いえ!…何もありません………あ、あの…皆さん…」

太一&アグモン&マドカ
「ん?」

セシリア
「わ、わたくしの事は…セシリアとお呼びください!」

太一
「…そうか…なら俺も太一でいい。」

アグモン
「僕はそのまま呼べばいいよ。」

マドカ
「私も名前でいいぞ。」

セシリア
「はい♪よろしくお願いします!太一様♪アグモンさん♪マドカさん♪」

太一&アグモン&マドカ
「………ん?」

 セシリアが3人の名前を呼ぶと太一達はそのまま固まってしまった
 一人だけ呼び方がおかしかったからだ

太一&アグモン&マドカ
「………太一…『様』?」

セシリア
「はい♪」

マドカ
「お前頭でも打ったのか?」

 太一を様付けするセシリアにマドカは頭を負傷したのかと失礼な事を聞いて来た

セシリア
「いえ、打ってませんが?」

マドカ
「なら何で太一兄さんを様付けしてるんだ?」

セシリア
「そ、それは…太一様が…」///

マドカ
「…お前まさか…太一兄さんに惚れたのか?」

太一&アグモン
「は?」

 頬を染めるセシリアの様子からマドカは理由が分かってしまい、本人の前で確認してしまった

セシリア
「………はい…その…お慕い申しております!!」///

太一
「………セシリア…お前さっきの話を聞いてなかったのか?俺は体こそ15歳だが中身は95のジジイだぞ?」

セシリア
「年は関係ありません!!わたくしは命を助けて頂いた太一様に感謝しております!その時の凛々しいお姿を見て…その…ひ、一目惚れをしたんです!!」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/7

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析