ハーメルン
MrサタンZ 真の英雄
ビーデル大怪我フラグを叩き折れ

『サタン様、ビーデル御嬢様行ってらっしゃいませ。』
「ああ、行ってくる。」
「みんな行ってくるね。」
サタンとビーデルは家の前に並んだ門弟たちに見送られ天下一武道会に向かった。
天下一武道会はパパイヤ島の武道寺で行われる世界一の武道会である。第21回までは5年おきに、22回からは3年おきに行われてきた。しかし23回に何らかの事故があり武道会が行われた町まるまる一つ破壊されそれにより武道会が行われることはなくなっていた。
今回は武道会場が新設されたことにより再開されることになった。そして再開されるにいたって目玉選手として、無差別級格闘技の王者ミスターサタンが参加することになった。
「おい、ミスターサタンがやって来たぞ。見に行こう。」
サタンが会場に到着すると同時に人だかりができる。
観客であったり、報道陣であったりだ。
「ミスターサタン今日の意気込みをお願いします。」
報道陣の問いかけと共に、なん十本ものマイクがサタンに向けられる。
「皆さんが熱狂できる戦いをお見せしよう。」
『ウオーーーサタン、サタン、サタン。』
サタンが若干押さえぎみに話すだけでもどこからともなくサタンコールが沸き起こる。サタンが天狗になるのも頷ける状態である。
「私はこれから準備があるのでな、インタビューはここまでだ。サインなら私が優勝したあとに皆にしてあげよう。さらばだ。」
サタンがそう言い、去っていく。報道陣は追おうとするが係りの僧に止められその場は収まった。
その後はつつがなく進んでいった。
サタンがパンチングマシンで139を記録し本選出場が決まった。(ブウは触れるだけで500を記録したが壊れているということで記録にはならず)

その後行われた少年の部でもビーデルが優勝した。
「パパ、カーシさん見ててくれた。私優勝したよ。」
ビーデルは満面の笑みを浮かべてサタンとカーシの元に走ってきた。
「よくやったぞビーデル。さすがわしの娘だ。わしもこれ以上ないくらい嬉しいぞ。今度はわしの番だ、応援頼んだぞビーデル。」
「ほんとによくやったぞビーデル。」
サタンはビーデルをべた褒めし、頬擦りをし、カーシは頭を撫でている。
「パパ優勝してね。カーシさんが二位でね。」「わかった任せてくれ。行ってくる。」
「任せておけ。」
サタンとカーシは本選会場に向かった。
――――
「第24回天下一武道会を始めたいと思います。」
天下一武道会といったらこの人、サングラスをかけ、背広を着たアナウンサーが開会の挨拶をする。
「新しい会場の幕開けに館長から一言挨拶をお願い致します。」
台に乗る犬の館長。緊張感により会場が静寂に包まれる。
館長がゆっくりと口を開く。会場の観客が固唾を飲んで見つめる。
「ワン」
「ありがとうございました。」
観客すべてが転けた。お決まりのイベントがあり、本選の幕が降ろされた。

「本選出場者は16名、事前に行われた籤引きで対戦相手は決まっております。」
アナウンサーが対戦表が用意されたことを確認し、読み上げる。
「第一回戦ミスターサタンVSスポポビッチ。」
「いきなりサタンかよ。すげえな。」
サタンの名がでた瞬間会場はヒートアップする。
アナウンサーの声がかきけされるほどだ。
「第8回戦カーシVSヤムチャ」
「悟空がいない天下一武道会なんて楽勝だぜ。毎回一回戦敗退なんてことはもうない。1000万ゼニーもいただきだぜ。」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析