ハーメルン
古明地さとりは覚り妖怪である
depth1.さとりはプロローグだと思いたい。

初めまして、鹿尾菜です。

さとりの魅力に魅せられて気づいたら書いていました。
お目汚しかと思いますが、どうぞよろしくお願いします。

あ、そう言えば息抜きで書いてたりする部分がありますので投稿期間が空くかもしれませんがご理解のこと…
さとり「くどいです。さっさと始めてください」


[1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:0/7

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析