ハーメルン
古明地さとりは覚り妖怪である
depth.13GOODLUCK SATORI

食事を終えたこいしが布団に潜って寝息を立てるまでを見届けた私はこれからの事を考えていた。

お燐は星を見ると言って屋根の上に上がっていった。
今この部屋にいるのは私だけという状態だ。考え事をするのにはちょうど良い。
そろそろ冬の冷気が顔をのぞかせ始めている。
着ている服を通して少し肌寒い空気が肌を刺激する。

今が何年のいつなのか…もう忘れた。
興味もなかったから細かく調べてないので忘れたも何も無いのですけどね。
人間の暮らす世界とは別の世界を生きるようになってから時間の概念が希薄になってきた。
唯一としては前世記憶と照会するときくらいだろうか…

思いつく限りではあまり細かいことはこの先わからない。わからないけど結局私のような妖怪が無理に乱入して掻き乱してもなんだか気がひけるというか…バタフライ効果とかを気にしているというか…別に今更どうなっても良いんですけどね。

気にしない気にしない。私は私である事を忘れないで生きていくだけ。



月の一件があってからあからさまに陰陽師達が動きを活発にし始めた。
あの場に妖怪が乱入してきた事を相当根に持っているのだろう。
アホっぽいが人の世の動きなんて大体そんなものでしょう。
来年には妖怪の山に帰った方が良さそうなのかなあ。
ここもあまり安全じゃないです…まあ私達さとり妖怪に安全な地なんて無いんですけどね。
なんだかすることもないです。どうせならお燐のところにでも行きましょうか。
いつものコートを羽織って姿を偽装する。
いつどこで誰がみているかわかったものではない。特に大妖怪クラスに目をつけられたらわたしなんて一瞬で消え去る。
まあ、気をつけるに越したことはない。

「起こしちゃうと悪いですし…窓から出ましょうか」

最近立て付けが悪くなったのか玄関の扉が異音を放つようになってきた。
こいしを起こしてしまうのも悪いのでこっそり台所の方に行く。
ついでにと差し入れもと台所からいくつか食べ物を持っていく。後小瓶のお酒。
片手にそれらをまとめて抱える。
多少バランスが悪いが気にしない。

勝手口を静かに蹴破って屋根の上に行く。
「お、来たのかい?」

人型になって寝っ転がってるお燐がゆっくりと顔をこっちに向けた。

同じ光は一つもなく大きさも形も光の強弱さえもバラバラ。それらが互いに干渉することなく変わらずその場に居座っている。たまに流れ星が点々とする星の間をかすめて消えていく。

この体に生まれてから幾度となくみてきた光景。だけどあまり深くまではみなかった光景だ。

「……綺麗ですね」

「だねえ…あたいも落ち着いた時に見ようと思ってたけどここまで時期が伸びちゃうとは…」

ーーもっと早くから見たかったなあ。


「…お酒、飲みます?」

「お!ありがたいねえ」

お燐はお酒の小瓶をもらうとそのまま一気に飲み始めた。

「なんとも…大胆に飲みますね…」

「喉乾いてたからさ」

飲んでる姿を見ているとどこかの鬼達を思い出す。
そういえば名前、鬼達につけてもらったんでしたね。自然と似てくるものなのでしょうか。
妖怪にとって名前は色々と重要なものらしいです。私自身はよくわかってませんが妖怪の気質を決めたりなんだりするとか言ってた気がしますけど…忘れましたね。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/5

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析