ハーメルン
古明地さとりは覚り妖怪である
番外編 短編とお姉ちゃん

『祭り』天魔の場合

毎年恒例である妖怪の山の祭りに天魔から正式に招待された。

今までも柳くんに連れられて何度か参加はしていましたが正式に招待されるとは……種族が妖怪の合間で公になってしまったにも関わらずである。
結局天狗の思考は分からない。
彼らがなんの目的で私なんかを残しておくのか。ただ利用されているだけなのかはたまた天魔さんの気まぐれなのか。
天魔さんの気まぐれなら良いんですけどね。わざわざ私のようなものと仲良くしようとする寛容さを持っている彼女なら…ね。

祭りの準備が行われる里に向かい見張り員に招待状を見せる。
何故かこいし達より早く来てくれと書かれていたのできてみたのですが、流石に早かったでしょうか。


ふとそんな不安がよぎったものの少しして案内の大天狗が来た。…あ、この方前にも案内してくれた方ですね。
完全に私の対応係やらされちゃってますね。
内心嫌がってそうですけど…仏頂面で表情から読み取ることはできないし持ってきた差し入れを渡しても頷くだけで喋らないし…やっぱり嫌われてるんですね。当たり前だから今更なんとも思いませんけど。

案内された部屋で待つこと数分。礼装と言うか催し物の時に着る特殊な天狗装束女性用を着た天狗が入ってきた。
ただ、サングラスを着用しているし誰でしょう…




「あの……どちら様?」

「分からないの?天魔だよ天魔!」

「嘘だ‼︎」

だって天魔さんがこんな胸大きいわけないじゃないですか‼︎
「いや、俺だよ」

そう言った直後、背中を撫でまわすような天魔さん特有のオーラが体を包み込む。確かにこのヒトは天魔さんだ。


なんで巨乳なんですか!普段はあんなにストレートで男と見間違えるほどなのに!


「普段はサラシ巻いてごまかしてるからね。いやーほんときついわ。まあこの状態でも肩凝るのには変わりないけどね」

「いやいやサラシでどうにかなるってレベルじゃないですよね」

どうしてこれがあれに収まるのか……不思議だ。

「祭りの時くらいしかこんな格好しないからな。どうした?もしかしてさとり気にしてるの?」

「全然、むしろ女の子っぽいところがあったんですねって思いました」

「もう!調子乗んねーの!」

口調さえ申し少し女気があっても悪くはないと思うのですが……今更どうこう言うわけにもいかないです。

「と言うかその服着るんですね」

正直なんでこのデザインが流行っちゃたのやら
これ元々柳君が新しい服が如何の斯うの言うから冗談で描いたやつだったのに…気がついたら催し物の時には絶対になってた。どう考えてもダメな気がするし抵抗のあるヒトだっているでしょうに……

「それにしても暑い!」

「……だからと言って服の胸のところを手で広げたりしないでください」

「ええ‼︎良いじゃん!」

良くないよ!

「後暑いからって下のヒラヒラをパタパタさせないでください」
って言うかなんで履いてないんですか?一応それ履くための下着も用意したはずなんですけど…
まさか伝わって無かったですか。

「あれもダメこれもダメって…ここ俺ん家なんだけど」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/5

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析