ハーメルン
古明地さとりは覚り妖怪である
番外編 さとり様のイウトウリ

地底から帰ってきてから数日後

人里の手伝いと迷い込んだ妖怪を追い返したりとしていたらすっかり日が暮れてしまった。
飲み会の誘いをやんわりと断って家に帰ればこいしと大妖精が扉の前でなにやら話し合っている。

別に険悪な雰囲気ではなさそうだが、周りの人の目線が少し気になる。
大妖精はカモフラージュの為か背中に生えた羽は目視で見ることはできない。だが、彼女の服装が異様に目を引いてしまう。
私としてはその違和感に気付き辛いのですが言われてみれば確かにというところですね。

彼女の服装は水色を基調としたワンピース風の洋服……洋服なのだ。
それも北欧系の為かなり目立ってしまっている。

仕方ないといえば仕方ないのですがあれでは種族を隠している意味が半分以上意味を成してませんね。

音と気配を消してすぐ後ろに忍び寄る。こいしと一瞬だけ目が合うが私のしたいことを察してそのまま目線を外してくれる。

「家の前でなにしているんですか?」
耳元でそっと呟く。
「ひゃい⁉︎あ、さとりさん」
大妖精の体が跳ね上がり一瞬だけ羽が視認できるようになる。物凄いびっくりしていらっしゃるようで…

「お姉ちゃんおかえり」

「ただいま、玄関先じゃ目立っちゃうわよ」

私の言葉に急にあたりを見渡す大妖精。
周囲の人々が向けていた目線をようやく理解したのか顔が赤くなっていく。

「まずは…家の中に入りましょう」

どうしていいかわからずあたふたとパニックになる大妖精を引きずるように家に入れる。
あのままだと目立ってしまってしょうがない。

「ちょっと待ってくださいね」

招き入れた大妖精を客間に待たせてお茶を持っていく。
一応私の種族がなんであるかをまだ伝えていないからどうしてもコートを脱ぐことはできない。


「……そういえば大妖精の服装…考えないと」

流石にあのままで返すわけにもいかないしこれからいろんなところで目立ってしまっては彼女の身が危険だ。

いくつか服のストックはあるはずですからサイズさえ合えば今のところはどうにかなりそうですけど…

直ぐに自室の引き出しから服を持っていく。目測なのでなんとも言えませんが大きさは多分大丈夫でしょう。
ですがこれ一枚じゃ寒いでしょうから…何か上に着るものを……




お茶と服を持って客間に行ってみれば、こいしに弄られている大妖精が飛び込んでくる。

危ないので体の軸線をずらして大妖精を受け流す。
ただしそのままだと壁に突っ込むので衣服を持った右腕で大妖精の体を抱え込むようにして速度を和らげる。

「何暴れているんです…」

「あ、お姉ちゃん。えっとね……」

どうやら大妖精と遊んでいてのことらしい。
お茶を下ろしてこいしの頭に手を載せる。

「家の中ではほどほどにね」

怪我をすることは無いだろうが壁の方が耐えきれないでしょうから。

「あの…さとりさん」

「おっと、すいません」

腕で抱え込んでいた大妖精を解放する。

そのまま服も渡してしまう。
無言で渡されたそれを見て疑問符が頭に浮かんでいるのが目に見える。ちょっとだけ反応が面白くてそのまま黙っている。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/5

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析