ハーメルン
古明地さとりは覚り妖怪である
番外編クリスマスですよさとり様

水が結晶となり地上を白く染め上げる季節となった。
今年一年の時終焉ももうすぐになり、冷たく吹く風がそれを助長しているかのようだった。

この時期になると私の仕事は特になくなる。当然のんびりすることができる数少ない時間が出来ることになる。
年越しの時になればこいしかお空によって博麗神社に連行されるか、そうでなければ御節の準備だったりで忙しくなる。

私はこういう寒いのは苦手だから家にいたいのですけどね。
こいし以外にも最近は雪で遊ぼうだのなんだのと来る妖怪や、勝負をふっかけてくる氷の妖精がいたりと随分賑やかです。

まあそれもそれでいいのですが、やはりこうして静かに過ごしている方が私の体は好きらしい。

「それにしても静かです……」

少し冷めた葛湯を飲みながらふと外の音に耳を傾ける。
風が生み出す木のざわめきや、雪が舞う音が重なり合い、互いの音同士を綺麗に奏でなおす。

こいし達は博麗神社に遊びに行ってしまっているし明日まで戻っては来ない。
なんでも霊夢主体で催し物をやるらしい。私ももちろん誘われたのですが、家を留守にするわけにはいかないので残ることにした。
決して寒いからとかそういうわけではない。


それにしても暗くなって来ましたね流石、冬です。
まだ早い時間なのにもう暗くなる。

まあ電気が入る前の世界はだいたいこんなものだし私の感覚が外の世界になってしまっているだけだから仕方がないといえば仕方がない。

そう思っていると部屋に設けられた窓が不自然にガタガタと揺れ出す。

侵入者だろうか…だとすればご愁傷様です。
腰に携帯して置いた刀を抜刀し、こっそりと窓のそばによる。

窓が開いたのと同時に部屋に誰かが入ってくる。

「merry…」

「Hold up!release your weapon!」

相手が英語だったため思わずこちらも英語で警告してしまう。
赤色の帽子を被った侵入者は私の声に驚いて窓の外に消えていった。数秒遅れてなにかが地面に落ちる音。

「ちょっと!いきなり危ないじゃない!」

少女の甲高い声。

「レミリアさんでしたか…これは失礼」

英語だったから気づかなかったじゃないですか。せめてドイツ語にしてくださいよ。

「もう!せっかく来てあげたのに!」

「じゃあちゃんと玄関から入ってくださいよ…っていうかなんですかその服装」

窓から入ろうとしたこともそうですけど彼女の服装は、いつものドレスではなく先端に白いモコモコした球体のついた赤色の帽子に
同じく赤色の上下の服装だった。
前世記憶で言うサンタクロースだ。
「ふふ、サンタクロースよ。もちろんプレゼントもあるわよ」

「それ以前に今日って24日でしたっけ?」

「あなた…日付くらいちゃんと覚えなさいよ」

すいませんねえ…最近あまり日付を気にしたことないですから。
それにしてもなんでレミリアがサンタの格好してここに来たのでしょうか……

「それで、レミリアさんはどうしてここに来たんですか?あいにく西洋の文化は取り入れていませんので」

「せっかくの聖なる夜なのに貴方ときたら留守番するとか言って家に残ったそうじゃない」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/5

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析