ハーメルン
古明地さとりは覚り妖怪である
番外編 時と空間って違うようで似ている 中

「そういえば私の泊まる部屋ってどこですか?」
私は困惑していた。
白玉楼から紅魔館に戻ってきたは良いのだが居場所がない。
わたわたと動く妖精メイドに見たことない子が複数名…その中で私だけすごく浮いてしまっていた。
まあ部屋の中でもフードをかぶって顔を隠していたらそうなるだろう。
この世界で唯一頼れるのはレナータさんだけなのだと思い知らされる。
「私の部屋でもいいですし、無駄に広いので客室もありますよ。夕食も咲夜が作ってくれると思いますので気にしなくても大丈夫でしょう」

「そうですか…じゃあ折角ですしあなたの部屋に泊まります」
少し悩んだ末に彼女の部屋に泊まることにする。
何かあったらそっちの方が一番危険度が低い。これが異変だとすれば必ず私を狙って来る可能性もあるのだから…

「分かりました。枕をもう一つ用意しておきますね。あ、他に何かいるものとかあります?」
枕をもう一つ?布団ごと用意するのではないのですね…てことは1つのベットに2人で?いやいや、まさかレナータさんがそんなこと考えているわけないだろう。
それにお礼としては些細ですけど少し徹夜しないといけませんし……
「うーんそれじゃあ裁縫セットと布と糸…お願いできますか?後は空いた時間に厨房を貸していただけます?」
これだけあれば十分。

「大丈夫ですよ。咲夜に言っておきますね」

「ありがとうございます」
さてと…彼女のサイズは…だいたいこいしより少し大きいくらいですね。まあ余裕を……余裕を持って作れば隠れであっても大丈夫なはず…

「⋯⋯? どうしました?」

「いえ…なんでもないです」
あまりジロジロ見るものじゃないですね。

「そ、そうですか。では早速夕食に向かいます? お腹空きましたし」
そうしましょうか。お腹が空いたとかそういう感覚はあまり無いですけど食べられないわけではない。


「そういえば紅魔館って浴槽つきの風呂ありますか?」
レナータさんに続いて廊下を歩きながらふと思いついた事を聞く。
「大浴場ならありますよ。温泉みたいなお風呂場です。逆に1人でゆっくり入れるようなものはないですけど⋯⋯」
なるほど…大型のものが一つと…1人で入るものはないのか…風呂の利用には注意が必要ですね。
「大浴場はあるのですね……あ、そろそろ食堂じゃないですか?」

「あ、そうですね。そろそろ向かいましょうか」


何故か食事の時にレミリアさんに紹介されてレナータさんが焦ったり私が無表情で見つめていたらレミリアさんが困惑して妹2人が可愛いとにやけたりしていたけれどそこらへんは彼女達の威厳のためにあまり詳しくは言わないでおこう。

レナータさんの寝室に着いた後も色々とありましたが私はあまり覚えていない。きっと彼女も寝ぼけていたのだろう。
始終起きていた為害は無かったけれど…
気づけば日が昇りそうになっている。
吸血鬼が昼型っていうのも少し変な気がするけれど…まあ深くは気にしない方が良いのだろう。
それよりも朝食を作らないと…咲夜さん起きているかなあ…


「ふわっ、ふわぁぁぁぁ⋯⋯。あ、おはようございます⋯⋯」
咲夜さんと共同でご飯を作り終えて再び部屋に戻ってみれば丁度彼女が起きたところだった。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/8

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析